ほしいもの原料となるサツマイモの品種と特徴を解説

最終更新日

干し芋 作り方
ほしいもの代表的な品種は紅はるかですが、実は紅はるかが有名になったのは最近なんです。
紅はるか以外の品種も含めて特徴をまとめました。
・紅はるか
・玉豊
・いずみ
・シルクスイート
・安納芋

紅はるか

 優れた外観を目指して開発された芋です。
 加えて蒸したときの糖度が高いことが特徴です。

玉豊

 外観はグレーに近い茶色のため最近の流行ではないですが、
 実はほしいもの聖地茨城県で一番流通していて人気なのは
 玉豊の干し芋です。

いずみ

 干し芋にしたときに一番美味しい品種と言われています。
 ただし干し芋加工することが難しく、希少な品種です。
 通好みで、知る人ぞ知る品種といえます。

シルクスイート

 シルクスイートは、舌触りがシルクのように滑らかに
 なることが特徴の干し芋です。
 紅はるかに飽きてきたときには一旦シルクスイートを
 食するのがお勧め、あっさり食べやすくて女性に人気です。

安納芋

 甘みが強く、また水分量が多いことが特徴。
 干し芋になってもねっとりとした出来になりますが、
 崩れてしまいやすいので干し芋生産は少なく希少です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする